来年の6月に支払う市県民税の節約のため、今年の予想所得を計算しとく必要があります。 130万円は超えないとしても、120万円近くはおそらく収入としてあがってくるでしょう。 130万円を超えさせないためにサービス残業が発生・・・