スポンサーリンク 今日、少し時間を取ることが出来たので市役所の課税担当部署に電話してみました。 そこでわかったことは、市県民税の節約につながるという根拠でした。 例えば今回のように給与収入が118万円に対しての市県民税が・・・