スポンサーリンク

この時期の子供。

夏休みで明暗が分かれると思っています。

なので、我が家は明を選ぶために今この時期を頑張っています。

というのも、昔から言われています。


中学2年生の夏休みが大切だ

中学生活にも要領を掴み、受験までは少し時間がある。

そのため危機感も薄れて暗になりがちだと。

親としては許される事ではありません。

タバコやお酒など少し羽目を外してしまうかもしれません。

でも、これらは社会的に許される事ではないのです。

その判断をその場にいる中学生だけで善悪の区別をするのも難しいと思います。

だから親として、絶対に怠ってはいけない事があります。

それは、


目を離さない

手を離さない、気持ち離さない。

離さないという言葉の前につく言葉は、子供の成長に合わせてでてくるものです。

確かにそのとおりなのです。

中学生からは目を離してはいけません。

目を離さない事で、必ず子供は歩み寄ってきます。

子供だって自分のチカラだけでは解決できない事だらけですから。

お金の面だってそうだし、学校生活だってそうです。

まだまだ中学生、子供だけでは何もできません。



今が親としては、一番面倒な時期

女の子であっても男の子であっても同じです。

親も子もお互い様です。

お父さんからみた子供もお母さんから見た子供も同じです。

その時、その瞬間に出た言葉だけでお互いに感情的になってしまうものなんです。



子供と同じ空間にいる事の大切さ

子供と同じ空間にあえて居ようとしています。

その同じ時間を過ごしているときは何も言いません。

少し時間を空けて、子供を褒めています。

明日も同じように勉強しようねって。

これを毎日続けるようにします。


そうでないと、子供の気持ちがどっかに行ってしまう


ような気がして。


スポンサーリンク