スポンサーリンク

20年間の非課税枠について考えてみた。

20年間、毎年新しい口座ができていると思ったほうがいい。

というのをどこかのサイトで見かけた。

この意味がまったく理解できない。


2018年1月からスタート

って事は2018年の1年間でつみたてたものは、20年後の2037年12月に20年間が終了する事にるはず。

この2018年に積み立てた40万円を2037年の12月中に現金化すればいいのか。

そもそも、20年後に最初の1年間につみたてたものが年単位で区別できるのか。

不明な事が多すぎて、証券会社にどう質問すればいいのかわからない。

こうやってブログで文章にしていくと少しずつ質問したい内容がわかってくるけど。

20年後と21年後とでは現金化した場合、どうかわってくるのか。

ここも知りたいところです。


思いついたまま書き続けてみると

20年かかって積み立てた金額と同じだったとき、そのまま現金になるのか。

信託報酬は毎月かかっているみたいだが、明細とかはないのか。

箇条書きにしてみると、いくつか気になる事が出てきます。

実際に質問してみようとすると、こちらから提供している情報が不足しているとか、意味不明とかで聞きたい事が相手にうまく伝わらないのでは。

と勝手に思ってしまうのです。

それでも少しずつ質問していき、受け取った回答を繋げないと、私には理解できません。

税金に少しでも関わる仕事であれば理解は早いんでしょうが、まったく関係ない仕事なので、
自分で勉強するしかないのです。


もう一度質問内容をまとめた結果

1.2018年中に積み立てた40万円を2037年の12月中に現金化すれば税金は取られないのか?

2.20年後に最初の1年間につみたてたものが年単位で区別できるのか?

3.20年後と21年後とでは現金化した場合、何がどう違うのか?

4.20年かかって積み立てた金額と評価額が同じだったとき、そのまま現金になるのか。

5.信託報酬は毎年かかっているみたいだが、明細とかはないのか。



とりあえず思いつくのはこれぐらいでしょうか。


少し調べればわかる事は調べてみようと思っています。

インターネットで検索した内容がすべて正しいとは限らないのと調べていくうちにグルグルまわって、結局意味がわからないままになってしまう事も避けたいものです。

iDeCoの事もあるんだが、まずはつみたてNISAを理解してみようと思います。


スポンサーリンク